アイシャドウは瞼にカラーをのせることで目元の雰囲気をぐっとよくしてくれます。

使うカラーや塗り方によって可愛らしく見せたりクールに見せたりしてくれるので、メイクの中で一番楽しめるところかもしれません。

ここでは一番基本的なアイシャドウの塗り方を紹介します。

 

アイシャドウには様々な物がありますが、同色系のベースカラー・メインカラー・ダークカラーの入ったグラデーションを作れるタイプの物が使いやすく、オススメです。

 

1、ベースカラーを瞼全体に塗る

 

アイシャドウの一番明るいベースカラーを瞼全体(アイホール)に、アイシャドウ用のチップやブラシでぼかしながら塗っていきます。

あまり濃く塗らず、ぼかすことで目をふんわり明るく見せてくれます。

 

アイホールとは、瞼の上に指を押し当ててみると眼球のくぼみがあります。そこがアイホールです。

アイホールより広くシャドウを塗ってしまうとケバケバしく、また腫れぼったい印象になってしまいますので要注意です。

 

2、メインカラーを塗る

 

アイホールより狭い部分に塗っていくのでブラシよりもチップを使うことをお勧めします。

また、メインカラーは瞼によって塗る範囲が変わってきます。

 

二重の幅に塗ってベースカラーとの境目をぼかすことが基本ですが、奥二重の人は二重の幅より少し広めに、一重の人はあまり広い幅で塗らずに濃淡のグラデーションになるように塗っていくと瞼に奥行きがでます。

 

3、ダークカラーを瞼のキワに塗る

 

目のラインに沿ってダークカラーを塗っていきます。

チップで塗っていくのですが、メインカラーで使ったものより細いチップを使った方が塗りやすいです。

広い範囲に塗らずアイラインをひく感覚で塗り、軽くぼかします。

このダークカラーを塗ることによってぼんやりした瞼がぐっと引き締まります。

 

 

以上が基本的なアイシャドウの塗り方になります。

慣れてきたら下まぶたにメインカラーやダークカラーをアイライン代わりに塗ってみたり、ベースカラーをハイライト代わりに目頭にのせてみると

より大きな印象の目になります。

 

カラーはブラウンやゴールド系のものが肌の色に馴染みやすいので、アイシャドウが苦手な人でも使いやすいです。

パープルやブルーに挑戦して違った雰囲気にしてみるのも楽しいですよ。