チークはピンクやオレンジなどのカラーを頬にのせることで、顔の血色を良く見せてくれます。

またカラーや入れ方によってふんわりかわいくなったり、キリっとクールにもなれます。

小顔効果もあるチークは是非マスターしていただきたいメイクです。

 

最近では様々なタイプのチークがありますが、一番主流なパウダータイプの基本的な入れ方をご紹介します。

 

○入れる範囲

まずチークを入れる部分ですが、頬の黒目と鼻先の延長線が交わるところを始点とし、頬骨のラインに沿って、笑った時に一番高くなるところが終点です。

これがチークをのせる範囲です。

ここよりも下に入れてしまうとちょっと老けて見えてしまうので気をつけましょう。

 

○ブラシ

チークを頬に入れる際ブラシを使いますが、チークに付属しているものよりもっと大きめで丸いタイプのブラシを使った方が綺麗にチークを入れることができます。

 

○入れ方

チークのパウダーをたっぷりブラシに含ませます。

入れる前に手の甲で少し馴染ませるかティッシュに落としたりして余分なパウダーを取り除きます。

そのまま塗ってしまうと色がべったりついて濃くなってしまうので注意です。

先程紹介したのせる範囲の、始点から頬骨に沿って終点まで、ブラシをすべらせていきます。

一度塗りで物足りない場合は何度か塗っていきます。

また、ブラシをくるくる回しながらチークをのせると、自然にぼかしながらのせることができます。

 

○塗りすぎてしまったら…

もしチークを塗りすぎてしまった時は、パウダーファンデーションを大きめのブラシに少し含ませてチークの上からのせましょう。

パウダーファンデーションは、チークと肌の境目をぼかしたい時にも同じようにして使えます。

 

チークは似合う濃さにとても個人差があります。

薄すぎてしまうと効果があまりありませんし、濃すぎるとケバくきつい印象になってしまいます。

何度か練習をして、自分に一番合ったチークの入れ方を見つけましょう。