マスカラはアイメイクの中で一番重要とも言えるものです。

睫毛を長く濃くしてくれるので、パッチリでか目効果は抜群ですが、塗りすぎてしまうとダマになったりひじきのような睫毛になってしまいます。

綺麗に仕上げるためにもマスカラの基本的な塗り方をマスターしましょう。

 

○マスカラの種類

マスカラはなりたい睫毛に合わせて様々な種類があります。

睫毛の長さを出したい時は繊維タイプのものを選ぶように、自分が睫毛をどう見せたいかを把握し、それに見合ったマスカラを選びましょう。

 

○上睫毛の塗り方

まずマスカラの入り口で出し入れをして、ブラシに付いた余分なマスカラ液を落とします。

目とブラシを平行にして、ブラシ全体で睫毛を根元から持ち上げるように塗ります。

またあまり力を入れずに軽く左右に振るようにして塗るとマスカラ液が均一につきます。

この動作を何度か繰り返し、重ねづけをすることで睫毛が濃く、長くなります。

塗りすぎてダマになってしまった時は、乾く前にマスカラコームで睫毛をとかしながらダマを取っていきましょう。

もし睫毛以外の場所にマスカラ液が付いてしまった時は、専用のリムーバーなどを綿棒やコットンに含ませてすばやく取り除きましょう。

 

○下睫毛の塗り方

基本的には上睫毛と塗り方は一緒ですが、下睫毛は上睫毛より毛が短く少ないので、マスカラ液は少なめにブラシに取ります。

ブラシを平行にして塗るよりも、縦にして左右に動かすほうが塗りやすいです。

このブラシを縦にして塗る方法は、下睫毛だけでなく目尻や、ポイントで塗っていきたい時にも使えます。

塗った時睫毛がくっついてしまったら、ダマを取るときと同様に乾く前にマスカラコームでとかしましょう。

 

以上が基本的なマスカラの塗り方です。

この基本の動作を時間をかけてダラダラと塗るのではなく、手早くささっと仕上げるの事がマスカラを綺麗に仕上げるポイントです。

マスカラが綺麗に仕上がると、アイメイクの自信がグッとあがりますよ。