アイラインは人によって合った引き方が全く違います。

とても細かい作業になるので、初めはちょっと難しいですが、きちんと自分に合ったアイラインを引くとパッチリでか目になれますし、アイメイクがかなり引き締まります。

少しずつ練習をしながら自分に合うアイラインの引き方を見付けましょう。

 

○アイライナーの種類

アイライナーはリキッドタイプとペンシルタイプが主流です。

リキッドタイプははっきりしたラインが引けるので、目がくっきりとした印象に、ペンシルタイプは綿棒などでぼかすことができるので目がやわらかい印象になります。

どちらが使いにくいというのは人それぞれなので、自分が使いやすい方を使いましょう。

 

○上のアイラインの引き方

片手でまぶたを少し上げて、目線を下げて、睫毛の根元がよく見える状態にします。

睫毛と睫毛の間を埋めるようにしてアイラインを引いていくのですが、一度にひこうとすると失敗しがちになってしまうので、目尻の方から黒目の内側まで少しずつ引いていきます。目頭の方までは引きません。

このときアイラインは目尻の方を太めに、黒目の方に行くつれ細くしていきましょう。

また目尻のラインを上げるとキリっとしたネコ目のようになり、ラインを下げると可愛らしいタレ目になります。どちらも長く引きすぎると不自然に浮いてしまいます。注意して自然な仕上がりにするようにしましょう。

 

○下のアイラインの引き方

下のアイラインはナチュラルな目元にしたい人は引かないで、マスカラのみの方がおすすめです。

よりアイメイクをはっきりさせたい人向けです。

引き方は上と逆で、下まぶたを片手で少し下げて目線を上げます。

上のアイラインよりも薄く引くことを意識して、目尻から黒目の内側まで少しずつ引いていきます。上のアイライン同様、目頭の方には引きません。

 

○仕上げ

仕上げに綿棒でアイラインをなぞって、アイラインのガタつきをぼかしながらなじませていきます。

上と下のアイラインが繋がる目尻のところも軽くぼかして自然に馴染ませます。

リキッドタイプは乾いた後にあまりこすりすぎるとせっかく引いたアイラインが消えてしまうので注意しましょう。

 

以上がアイラインの引き方です。

基本はアイシャドウを塗ってからアイラインをひきますが、逆にアイラインを引いてからアイシャドウを塗るとアイラインとの境目が更に目立たなくなるのでとてもナチュラルに仕上がります。

アイラインがどうもうまくいかない人はこの方法を試してみることもお勧めします。