口紅の塗り方

口紅は簡単に見えて、基礎がとても大事な化粧品です。

ただ唇に塗るだけだとはみ出してしまったり、すぐ落ちてしまったりしてしまいます。

ですが口紅を塗ることで一気に表情が明るくなりますし、綺麗な唇はとても魅力的な女性をイメージしてくれます。

基礎をマスターして、素敵な唇をつくりましょう。

 

口紅には直接塗るスティックタイプ指にとって塗るタイプがあります。

どちらも効果に変わりはありませんが、リップブラシを使って塗ることをお勧めします。

リップブラシを使うことによって塗りすぎを防ぐこともできますし、口角や唇の淵などの細かいところも綺麗に塗ることができます。

 

○口紅の塗り方

リップブラシの両側に口紅を付けて、基本的には口角から唇の内側の中心に向かって塗っていきます。

上唇、下唇の順に塗り終わったら、唇を合わせて口紅を馴染ませます。

もし塗りすぎてしまったら、余分な口紅をティッシュで押さえるようにして取り除きましょう。

こすってしまうと口紅が取れてしまうので、あくまでも優しく押さえつけるようにして取ります。

 

○リップライナー

リップライナーを使うと、より口紅が塗りやすくなります。

ペンシルタイプのものが主流で、唇を囲むようにしてラインを引いていきます。

このラインを引くことで口紅を塗る際、はみ出したりする失敗が少なくなるのと、より唇が強調されるのでボリュームがあってセクシーな唇にすることができます。

 

○リップグロス

仕上げにリップグロスを塗ると、よりつややかに可愛い唇になります。

ですがこのリップグロスはちょっと塗り方を間違えてしまうとベタベタして、汚い唇になってしまいます。

リップグロスは唇全体に塗らずに、リップブラシを使って下唇の中心だけに少し塗ることがポイントです。

くれぐれも口角まで塗らないようにしましょう。

そうすると上品で立体的な唇に仕上がります。

口紅だけではなんだか物足りない人はぜひグロスを試してみてください。

 

 

口紅はチークやアイシャドウ以上にカラーが豊富です。

自分に似合ったカラーを塗るのはもちろん、様々なシーンに合わせて思い切ったカラーに挑戦してみることも楽しいですよ。

最近では美容液入りで唇を保護してくれる口紅もたくさんあるので、そういった面でも自分に合うものを見付けましょう。

 

アイライナーの引き方

アイラインは人によって合った引き方が全く違います。

とても細かい作業になるので、初めはちょっと難しいですが、きちんと自分に合ったアイラインを引くとパッチリでか目になれますし、アイメイクがかなり引き締まります。

少しずつ練習をしながら自分に合うアイラインの引き方を見付けましょう。

 

○アイライナーの種類

アイライナーはリキッドタイプとペンシルタイプが主流です。

リキッドタイプははっきりしたラインが引けるので、目がくっきりとした印象に、ペンシルタイプは綿棒などでぼかすことができるので目がやわらかい印象になります。

どちらが使いにくいというのは人それぞれなので、自分が使いやすい方を使いましょう。

 

○上のアイラインの引き方

片手でまぶたを少し上げて、目線を下げて、睫毛の根元がよく見える状態にします。

睫毛と睫毛の間を埋めるようにしてアイラインを引いていくのですが、一度にひこうとすると失敗しがちになってしまうので、目尻の方から黒目の内側まで少しずつ引いていきます。目頭の方までは引きません。

このときアイラインは目尻の方を太めに、黒目の方に行くつれ細くしていきましょう。

また目尻のラインを上げるとキリっとしたネコ目のようになり、ラインを下げると可愛らしいタレ目になります。どちらも長く引きすぎると不自然に浮いてしまいます。注意して自然な仕上がりにするようにしましょう。

 

○下のアイラインの引き方

下のアイラインはナチュラルな目元にしたい人は引かないで、マスカラのみの方がおすすめです。

よりアイメイクをはっきりさせたい人向けです。

引き方は上と逆で、下まぶたを片手で少し下げて目線を上げます。

上のアイラインよりも薄く引くことを意識して、目尻から黒目の内側まで少しずつ引いていきます。上のアイライン同様、目頭の方には引きません。

 

○仕上げ

仕上げに綿棒でアイラインをなぞって、アイラインのガタつきをぼかしながらなじませていきます。

上と下のアイラインが繋がる目尻のところも軽くぼかして自然に馴染ませます。

リキッドタイプは乾いた後にあまりこすりすぎるとせっかく引いたアイラインが消えてしまうので注意しましょう。

 

以上がアイラインの引き方です。

基本はアイシャドウを塗ってからアイラインをひきますが、逆にアイラインを引いてからアイシャドウを塗るとアイラインとの境目が更に目立たなくなるのでとてもナチュラルに仕上がります。

アイラインがどうもうまくいかない人はこの方法を試してみることもお勧めします。

 

マスカラの塗り方

マスカラはアイメイクの中で一番重要とも言えるものです。

睫毛を長く濃くしてくれるので、パッチリでか目効果は抜群ですが、塗りすぎてしまうとダマになったりひじきのような睫毛になってしまいます。

綺麗に仕上げるためにもマスカラの基本的な塗り方をマスターしましょう。

 

○マスカラの種類

マスカラはなりたい睫毛に合わせて様々な種類があります。

睫毛の長さを出したい時は繊維タイプのものを選ぶように、自分が睫毛をどう見せたいかを把握し、それに見合ったマスカラを選びましょう。

 

○上睫毛の塗り方

まずマスカラの入り口で出し入れをして、ブラシに付いた余分なマスカラ液を落とします。

目とブラシを平行にして、ブラシ全体で睫毛を根元から持ち上げるように塗ります。

またあまり力を入れずに軽く左右に振るようにして塗るとマスカラ液が均一につきます。

この動作を何度か繰り返し、重ねづけをすることで睫毛が濃く、長くなります。

塗りすぎてダマになってしまった時は、乾く前にマスカラコームで睫毛をとかしながらダマを取っていきましょう。

もし睫毛以外の場所にマスカラ液が付いてしまった時は、専用のリムーバーなどを綿棒やコットンに含ませてすばやく取り除きましょう。

 

○下睫毛の塗り方

基本的には上睫毛と塗り方は一緒ですが、下睫毛は上睫毛より毛が短く少ないので、マスカラ液は少なめにブラシに取ります。

ブラシを平行にして塗るよりも、縦にして左右に動かすほうが塗りやすいです。

このブラシを縦にして塗る方法は、下睫毛だけでなく目尻や、ポイントで塗っていきたい時にも使えます。

塗った時睫毛がくっついてしまったら、ダマを取るときと同様に乾く前にマスカラコームでとかしましょう。

 

以上が基本的なマスカラの塗り方です。

この基本の動作を時間をかけてダラダラと塗るのではなく、手早くささっと仕上げるの事がマスカラを綺麗に仕上げるポイントです。

マスカラが綺麗に仕上がると、アイメイクの自信がグッとあがりますよ。