おすすめお酒買取業者

お酒の買取をしてもらおうと考えた場合、どこに買取をお願いしますか。考えられるものをいくつかあげてみます。

1、インターネットオークションで自ら出店

メリット:いつでも自分の都合で出品が可能であり、もしかしたら高額になることもあるかもしれません。

デメリット:手数料等が発生し、また金額の想定ができないので損をしやすいかもしれません。買い手に対しても信頼できる方がどうか、等自己責任の範囲で出品します。

2、リサイクルショップや質屋

メリット:自宅近所にあるショップを利用することで手近に済みます。

デメリット:お酒の専門員がいることがあまり多くないので、正しい査定を受けられないため、思ったより安価であったり、お店によっては買取自体を断られることがあります。

3、お酒の買取専門店

メリット:お酒の専門知識があり、高額でスムーズに買取をしてくれることが多いようです。

デメリット:お酒の買取専門店が自宅近くにないことが多いです。

 

以上から高額で買取をしてくれることが多いであろうお酒の買取専門店のうち、インターネットや電話で在宅のまま査定を受けることができ、また持ち込みが難しい場合、出張買取や宅配便を利用しての売却ができ、さらには手数料等が発生しない、そういったお店を選ぶことが良いようです。また、キャンセルができることや出張買取を依頼した場合の日程調整ができること、これも大事な条件ですね。

買取り無料査定をしよう

お酒の買取をしてもらおうと思ったとき、利用したいのが無料の査定です。現代の世の中は様々なお店があり、お酒の売却に関わらず、見積を取ったり査定を受けたりするだけで手数料が発生することがあります。また見積を取ったり査定を受けるだけのつもりが、その後のキャンセルができないこともあります。信頼できるお店を慎重に選びたいところです。

今回参考にしているのが「お酒買取専門店ファイブニーズ」です。こちらのお店はその名のとおり、お酒専門の買取店で査定無料、キャンセル可能、さらに送料等も一切無料と大変良心的なお店のようで、ホームページから簡単に無料で査定を受けることができます。
 

今持っているものを買い取ってもらおうとしたとき、例えば中古車両の売却ですが、査定を受けると「今決断してもらえればXX円です。」「他社ではXX円にしかなりませんよ。」といった即決を迫られることがあり、筆者も経験済みです。その時は車両の査定を受けたのちにその査定員は他の買取店のスタッフがインターホンをならしても、玄関でずっとねばっていました。正直かなり迷惑でしたので、そのお店が一番高価に買取する見積を提示してくれましたが、納得できず他店に売却をしました。売却予定だが、お店の方に即決を迫られると何となく嫌な気持ちになったり、戸惑ったりします。

 

ですが、こういった良心的なお店でWEB上の査定を無料で受けることができると安心です。

操作上手間は無いのか実際に見てみました。結果は「簡単」でした。お酒に対して無知でもボトルに書いてる情報や自分が知りえる情報をそのまま書くだけでした。こういったところもお酒に特化しか買取専門店ならではなのではないかと思いました。パソコンに不慣れな場合は電話でも対応してくれるようです。

大きな手間や時間もかからず、良い状態での保管はが難しいお酒で今後飲む予定がないものならば、まずは無料査定を受けることをおすすめします。もちろん納得できなければキャンセルもできるので、安心して行動にうつすことができますね。

ワインやブランデーの高額買取のポイント

ワインやブランデー等の買取を希望した場合、せっかくならできるだけ高く買ってもらいたいですよね。お酒も買取をしてくれるお店は多数あります。たとえばリサイクルショップ、ブランドショップ、質屋・・・ですが、お酒の買取専門店は日常的にお酒を提供している飲食店とのルートがあるので、高価に買取してくれることが多いようです。小売りやネット販売等の仲介ではなく、飲食店とのネットワークがあることや、お酒に特化することで専門のスタッフがいること、ネットを利用して買取をすることで大型店舗が不要であること、などの理由から買取・販売にかかるコストが低く済み、高額買取してくれることが多いようです。

では、実際に高額買取してもらうためにできることは何でしょう。それは、できるだけ購入時に近い状態にあることです。

汚れを取り、ラベル等を良い状態に保つ、またコルクの状態もできるだけ良い状態に保つ。ということは、お酒を買取してもらおうと思ったら、できるだけ早く査定してもらった方が良いのではないでしょうか。買取をしてもらおうと考えたのであれば、いずれ飲むために自分で保管するわけではありませんよね。それならばお酒やボトルを良い状態に保つ知識や経験、スペースなども多くはないのではないでしょうか。実際筆者がかなり以前に頂いたブランデーを開けたときは保管方法が悪かったようで、コルクが劣化し破損してお酒の中にコルクのカスが入ってしまい、結局茶こしでこしながら飲むことになりました。どうすればよい状態に保つことができるのか、調べれば良いのかもしれませんが、飲む予定の無いお酒についてわざわざ調べて保管する方も少ないと思います。

それならば今あるお酒のうち、飲む予定等の無いものは、まずラベル等を傷つけないようにボトルを掃除し、すぐに無料の査定を受けてみてはいかがでしょうか。そのうちに・・・と思っていると、そのまま劣化してしまうと思われます。査定は無料であることも多いですし、金額に納得できなければ、キャンセルができる買取店を選んで行動に移す、これが高額買取のポイントではないかと思います。