アイシャドウの塗り方

アイシャドウは瞼にカラーをのせることで目元の雰囲気をぐっとよくしてくれます。

使うカラーや塗り方によって可愛らしく見せたりクールに見せたりしてくれるので、メイクの中で一番楽しめるところかもしれません。

ここでは一番基本的なアイシャドウの塗り方を紹介します。

 

アイシャドウには様々な物がありますが、同色系のベースカラー・メインカラー・ダークカラーの入ったグラデーションを作れるタイプの物が使いやすく、オススメです。

 

1、ベースカラーを瞼全体に塗る

 

アイシャドウの一番明るいベースカラーを瞼全体(アイホール)に、アイシャドウ用のチップやブラシでぼかしながら塗っていきます。

あまり濃く塗らず、ぼかすことで目をふんわり明るく見せてくれます。

 

アイホールとは、瞼の上に指を押し当ててみると眼球のくぼみがあります。そこがアイホールです。

アイホールより広くシャドウを塗ってしまうとケバケバしく、また腫れぼったい印象になってしまいますので要注意です。

 

2、メインカラーを塗る

 

アイホールより狭い部分に塗っていくのでブラシよりもチップを使うことをお勧めします。

また、メインカラーは瞼によって塗る範囲が変わってきます。

 

二重の幅に塗ってベースカラーとの境目をぼかすことが基本ですが、奥二重の人は二重の幅より少し広めに、一重の人はあまり広い幅で塗らずに濃淡のグラデーションになるように塗っていくと瞼に奥行きがでます。

 

3、ダークカラーを瞼のキワに塗る

 

目のラインに沿ってダークカラーを塗っていきます。

チップで塗っていくのですが、メインカラーで使ったものより細いチップを使った方が塗りやすいです。

広い範囲に塗らずアイラインをひく感覚で塗り、軽くぼかします。

このダークカラーを塗ることによってぼんやりした瞼がぐっと引き締まります。

 

 

以上が基本的なアイシャドウの塗り方になります。

慣れてきたら下まぶたにメインカラーやダークカラーをアイライン代わりに塗ってみたり、ベースカラーをハイライト代わりに目頭にのせてみると

より大きな印象の目になります。

 

カラーはブラウンやゴールド系のものが肌の色に馴染みやすいので、アイシャドウが苦手な人でも使いやすいです。

パープルやブルーに挑戦して違った雰囲気にしてみるのも楽しいですよ。

ファンデーションの塗り方

誰もが綺麗な肌には憧れを抱くものです。

ファンデーションはそんな願いを叶えてくれるもので、またアイメイクやリップメイクを更に綺麗に見せてくれます。

ざっくり分けると主流なのが「リキッドファンデーション」「パウダーファンデーション」ですが、最近では肌への負担を軽くした「ミネラルファンデーション」も人気があります。

ここではこの3つの塗り方を紹介します。

 

・リキッドファンデーション

リキッドファンデーションは液体状のファンデーションで、カバー力が高いものが多く、異なるカラーのものを混ぜてより自分の肌色に近い色を作ったりもできます。

リキッドファンデーションの塗り方は顔の中心から外側へ、筋肉の流れに沿って塗っていくのが基本です。

下地を済ませた肌に適量を指でスッと塗り伸ばしながら馴染ませていきます。

あまり沢山の量を使ったり、何度も塗ることを繰り返してしまうと厚塗りになってしまい、ムラの原因になってしまうので注意が必要です。

また塗るだけでなく軽く肌を叩きながら伸ばしていくと毛穴やくすみを自然にカバーしてくれます。

 

リキッドファンデーションにはスポンジを使った塗り方もあります。

基本的な塗り方は指を使った塗り方と一緒です。

スポンジの使い方は、頬など顔の広い部分はスポンジの面を使い、小鼻や目の際など細かい部分はスポンジの角を使って塗っていきます。

指よりもスポンジを使った方がムラになりづらく自然な仕上がりに馴染むと思います。

ナチュラルメイクを好む方はスポンジを使うことをお勧めします。

 

リキッドファンデーションは指でもスポンジでも、仕上げに手のひらで顔を包み込んでファンデーションと肌をフィットさせた後、フェイスパウダーを軽くパフで肌にのせるとより綺麗な仕上がりになります。

 

・パウダーファンデーション

ファンデーションで一番主流なのがこのパウダーファンデーションです。

パウダーファンデーションはパフやスポンジを使い、顔の中心から外側へ、放射状に伸ばしていきます。

リキッドファンデーション同様、パウダーを取りすぎたり何度も塗っているとムラや化粧崩れの原因になるのであくまでも軽く、適量を使っていきます。

おすすめ無添加パウダー・ファンデーション

 

くすみやシミが気になる場合は、その部分に厚塗りはせずに下地の段階でコンシーラーを塗っておくか、アイシャドウなどで使う小さいチップを使って軽くのせてカバーします。

パウダーファンデーションを塗った後にコンシーラーを使ってしまうと、その部分が浮いてムラになるのでやめましょう。

 

仕上げに手のひらで顔を包み込み、ファンデーションと肌をフィットさせます。

 

・ミネラルファンデーション

ミネラルファンデーションは無添加天然ミネラル100%のファンデーションで、肌への負担も少なく、敏感肌だったり肌トラブルを抱えている人も使いやすいファンデーションです。

また毛穴を塞がないので軽い付け心地です。

基本的にはフェイスパウダータイプのもので、リキッドやパウダーファンデーションとの違いはスキンケアや下地後のべたついた肌には使わないことです。

必ず乾いた状態の肌で使いましょう。

 

塗り方はまずフタについたファンデーションを付属のブラシを使って、くるくると回しながらファンデーションをブラシに含ませます。

ブラシをトントンして余分なファンデーションを落とした後、顔の中心から外側へブラシをくるくる動かしながら塗り、馴染ませます。

塗る際ちょっと力を入れてくるくるした方がカバー力があります。

また使用する際は極めて少ない量をブラシに含ませましょう。

大量に含ませると厚塗りになって汚い仕上がりになってしまいます。

物足りなく感じる時は、基本の動作を2、3度繰り返すといいでしょう。

 

 ファンデーションは肌をいかに綺麗に見せるかで選ぶことも重要ですが、自分の素肌にどういった影響を与えるかも重要です。

どれだけカバー力があっても、素肌との相性が悪く肌荒れを起こしてしまっては意味がありません。

また肌を明るく見せたいが故に明るすぎるカラーを選んでしまうと、顔と首に色の差が出てしまって浮いて見えてしまったりもします。

自分の肌の特徴をよく知り、一番自分の肌のコンディションと目的に合ったファンデーションを使いましょう。

【無添加スキンケアご紹介】
無添加ソープなどエポラーシェスキンケア一覧

化粧の順番・流れ

ほとんどの女性が経験する化粧。

自分のチャームポイントを存分に惹き立たせてくれて、コンプレックスを隠してくれる化粧は女性にとってなくてはならないものです。

またTPOに合わせてカラーや濃さを変えてみたり、アイプチや付けまつげでプチ整形並みの変化を楽しんだりすることもできます。

薄い化粧、濃い化粧など様々な化粧がありますが基本的にどういった順番、流れで施されているのかを追っていきたいと思います。

 

1、洗顔、スキンケア

洗顔で肌の汚れを落とし、化粧水や乳液で整えます。

中にはパックをする人もいます。

スキンケアは人それぞれに肌質が違うので、決まったケアはありません。

自分の肌に合ったケアをします。

 

2、ベースメイク

整えた肌に化粧下地を塗って肌のムラをなくしていきます。

この化粧下地があるかないかで、ファンデーションの乗りや発色が左右されます。

下地の後にコントロールカラーで肌の赤みを消したり、コンシーラーで気になる部分をカバーしたりします。

 

3、ファンデーション

肌を綺麗に見せるためには欠かせないファンデーション。

下地を塗った肌に塗っていきます。

リキッドタイプやパウダータイプなど、種類は様々です。

今では、元々美容医療用に作られた、お肌の荒れなどを修復してくれる化粧品として誕生したBBクリームという化粧品もあります。

BBクリームはファンデーション代わりに使われることも多く、多くの女性にも人気がありますよね。

BBクリームはその色の種類が少なくて困っているという女性も多いですが、国産の桜花媛(さくらひめ)のようなBBクリームは、色の種類も豊富で、お肌の色をベースにしたピンクやオークなど各種のカラーラインナップがあります。微妙な色彩のBBクリームをチョイスできるので、ファンデーションでも使いやすいと評判のようです。

効果も様々ですので、自分の肌質、肌をどう見せたいかに合うものを使いましょう。

 

4、チーク

チークはピンクやオレンジのパウダーを頬に乗せて顔色を良くするだけではなく、顔に立体感を与えてくれます。

パウダータイプが主流ですが、リキッドタイプやクリームタイプもあります。

色や乗せる角度によって効果が変わってきます。

 

5、アイメイク、リップメイク、アイブロウ

どれから先にやる、といった決まりはないので自分がやりやすいものから始めます。

また、化粧で一番個性が表れる部分でもあるので色々なカラーやメイクを楽しんでみましょう。

他にも鼻を高く見せるノーズシャドウなどがあります。

 

以上が基本的な化粧の流れです。

それぞれに塗り方、どこから色をつけるかなど細かい順序がありますのでこれからピックアップしていきましょう。