オーガニック化粧品を使う

○オーガニック化粧品とは

普通の化粧品だと肌があれてしまう、合わない、それでもファンデーションや化粧水で肌を綺麗に見せたい。そんな人に使って欲しいのがオーガニック化粧品です。

 

オーガニック化粧品は、無農薬、化学肥料を使わないで作られた天然原料で作った肌に優しい化粧品です。

特別な基準を満たした化粧品がオーガニック化粧品と呼ばれるのですが、日本では農林水産省の有機JAS認定というオーガニック基準があるものの、それは食品に関しての基準で、化粧品でのオーガニック基準があまり明確ではありません。

ですので、基準がはっきりしている海外の基準を満たしているものが、日本でもオーガニック化粧品として販売されています。

オーガニックの植物由来成分は一般の化粧品の原料と比べると肌への負担がかかりにくいものが多いので、敏感肌の人や肌トラブルに悩む人にはピッタリです。

ですが天然原料や植物由来成分がすべての人の肌に合うとは限りません。

基本的には成分の95%以上が天然原料であり、化学香料や遺伝子組み換え原料が使われていませんが、海外の基準も各国によって違いますし、それぞれのメーカーによって細かなオーガニック基準も変わります。化粧品の成分表を見てしっかり調べ、特に敏感肌の人はサンプルなどで自分の肌に合うものか確かめましょう。

 

○オーガニック化粧品の注意点

オーガニック化粧品は、防腐剤などの添加物が使われていないものがほとんどなので、一般の化粧品と比べて使用期限が短いです。

だいたいが2、3カ月のものですが、2週間程のとても短い使用期限の物もたくさんあります。

しっかり使用期限を把握して、開封したら早めに使いきることが必要です。

使用期限を過ぎたものをずっと使っていると、せっかくのオーガニック化粧品のメリットが逆にデメリットになってしまい、肌トラブルの原因になってしまいます。

肌に優しいからこそ、正しい使用方法を知り、使用期限に注意しましょう。

 
○オーガニック化粧品ご紹介
オーガニック・無添加化粧品のトリプルサンのおすすめ商品を紹介致します。
オーガニックオールインワン美容液
オーガニックサプリメント商品
オーガニックヘアケア商品

クレンジングを忘れない

メイクをしたら必ずクレンジングをしておとすことが大事です。

メイクをしたまま寝たりすることはもちろんいけませんが、いい加減なクレンジングだと余計肌に悪影響です。

正しい方法でしっかりメイクをおとしましょう。

 

○クレンジングの仕方

1、洗顔同様髪の毛をヘアーバンドなどでまとめて、手を洗って清潔な状態にします。

クレンジング剤には水に塗れてしまうと効果が減ってしまうものもあるので、手はタオルで拭いておきます。

 

2、クレンジング剤を手に取り、ゴシゴシこすらず手全体を使って内側から外側に円を描くように優しくメイクをおとしていきます。

落ちにくいアイメイクはこすらず、クレンジング剤で溶かすようにしておとします。

また皮脂の出やすいTゾーンや、汚れが溜まりやすい小鼻は念入りにかつ優しく洗いましょう。

 

3、メイクがおちたら、ぬるま湯で顔をすすいでしっかりクレンジング剤をおとします。

塗れたコットンで拭きとる方法もありますが、直接すすいだ方が髪の毛の生え際やこめかみに残ったクレンジング剤をおとせますし、クレンジング剤の残りによる肌荒れを防げると思います。

 

4、仕上げは洗顔と同じようにタオルで優しく顔を軽く押さえつけるようにして水分を拭き取り、化粧水で肌を整えて終了です。

 

クレンジング剤にはオイルタイプクリームタイプ洗顔料タイプのものなど種類はたくさんあります。

オイルタイプはメイクをおとす力も強いですが、オイルのヌルヌル感が嫌でクレンジング後にもう一度洗顔をするダブル洗顔をしがちです。

ダブル洗顔をすると確かにさっぱりはしますが、メイクや汚れはクレンジングでしっかり落とせているので、ダブル洗顔をしてしまうと洗いすぎで、肌のバリア機能を失ってしまいます。

肌のバリア機能を失ってしまうとニキビやオイリー肌の原因になってしまうので、オイルのヌルヌル感が苦手な人は、洗顔料タイプやクリームタイプを使ってみましょう。

特にクリームタイプはオイルのようにヌルつかず、保湿力もあるのでお勧めです。

洗顔料とクレンジング剤をうまく使い分けることで、素肌美人を目指しましょう。

正しい洗顔方法

美肌を保つためにも、日々の洗顔は欠かせません。

自分で正しいと思っている洗顔も実はちょっとしたことが間違いで、逆に肌荒れの原因を作ってしまっていることがあります。

正しい洗顔の知識を身につけましょう。

 

○洗顔方法

1、まずヘアーバンドなどで髪の毛をまとめて、手を洗って清潔な状態にします。

その後水かぬるま湯で優しく顔をすすぎます。

 

2、洗顔料をよく泡立てます。泡を肌の上で円を描くようにして滑らせて、顔の隅々を洗っていきます。ゴシゴシこすってしまうと逆効果なので優しく洗いましょう。

洗顔料は手で泡立てるよりも、泡立てネットやスポンジを使って泡立てた方がきめ細かいもっちりとした泡を作ることができます。

 

3、洗い終わったら洗顔料をすすいでいきます。洗い残しは肌荒れの原因になりますので、すすげたかな、と思ってから後10回はすすいでください。

また髪の毛の生え際やこめかみ付近は石洗顔料が残りやすいので、洗い残しに気を付けてしっかりすすいでください。

 

4、タオルで顔を拭いていきますが、ゴシゴシ強く拭くと肌が傷んでしまいくすみの原因になってしまいます。タオルで顔を包むように軽く押し付けて水分を拭き取りましょう。

 

5、仕上げに化粧水をたっぷり肌に付けて肌を整えます。

化粧水を付けずに肌をそのままにしておくと、乾燥して肌がつっぱってしまいます。

 

以上が正しい洗顔の仕方です。

しっかり洗い、よくすすぐことは大事なのですが、ニキビ肌やオイリー肌の人は洗顔を何度もしたり洗いすぎてしまうと、必要な皮脂まで落としてしまって肌のバリア機能を落とし逆に乾燥してしまいます。

この乾燥がかえって皮脂腺の活動を活発にしてオイリー肌になってしまいますし、皮膚の新陳代謝が遅くなり毛穴がつまりやすくなってしまいニキビの原因になってしまうのです。

肌トラブルに悩む人は刺激の少ない洗顔料で、必要最低限の洗顔とケアをすることが大事です。

 

自分の肌質をしっかり把握したうえで正しい洗顔をして、肌トラブルの原因をなくしていきましょう。

パフの手入れ・洗い方

 パフにはフェイスパウダーによく使われる布でできたタイプのものや、ファンデーションに使うスポンジタイプのものがあります。どちらとも使えば必ず汚れが付くものです。

汚れを放置しておくと雑菌が繁殖して衛生的にもよくないですし、すぐにボロボロになってしまいます。理想はその都度洗うことですが、最低でも2~3日に1度は洗うようにしましょう。

肌荒れやファンデーションの色ムラを防ぐためにも、しっかり汚れを落としましょう。

 

○用意するもの

・専用クリーナーもしくは中性洗剤

・水かぬるま湯をはった洗面桶

・乾いたタオル数枚

 

○洗い方

専用クリーナーか中性洗剤をパフの汚れた部分に含ませ、指の腹で優しくもみ洗いをします。その際途中で少し水かぬるま湯をスポンジに足しましょう。

洗面桶に水かぬるま湯をはり、クリーナーを馴染ませたスポンジをその中でもみ込み汚れを落とします。

一回で全部の汚れは落ちないと思うので、何度か洗面器の中の水を綺麗な水に入れ替えて洗うことを繰り返します。

水の中でパフをもみ込んだ時に汚れた水が出てこなくなったら、スポンジを片手で軽く握るように絞り、残った水気は乾いたタオルで優しく拭きます。

最後のすすぎで、スポンジに含まれたクリーナーはしっかりすすぎましょう。クリーナーが残っていると、汚れが落ちていても肌荒れの原因になってしまします。

敏感肌の人や、クリーナー、洗剤に抵抗がある人は、ご自身が使われている洗顔料やクレンジングを使ってみるのもアリです。

また汚れがしぶとい時は、クリーナーを薄めた洗面桶にしばらく浸しておくと、汚れが取れやすくなります。

最後はタオルの上で陰干しをするだけです。

 

パウダーファンデーションに付属されているパフは比較的薄いものが多いので、洗った次の日には乾いていることが多いですが、厚手のパフやキメの細かいメイクスポンジは乾きにくいです。次の日もまだ少し湿っていることはざらにあります。

そんな時でも使えるように3個はストックしておきましょう。

 

メイクブラシの手入れ・洗い方

 

メイクブラシを長く綺麗に使うためには、しっかり汚れを落とすことが大事です。

長持ちさせるためにも正しい方法で洗いましょう。

ファンデーションブラシ、チークブラシ、ミネラルファンデーションブラシなどメイクに使うブラシ全般に使える洗い方です。

 

○用意するもの

・専用クリーナーもしくは中性洗剤

・水かぬるま湯をはった洗面桶

・乾いたタオル数枚

・あればブラシスタンド

 

○洗い方

まず専用のクリーナーか中性洗剤をブラシの汚れた部分を撫でるようにしてもみ込みます。

しっかり汚れにクリーナーを馴染ませたら洗面桶でも撫でるようにして汚れをすすぎます。

これを汚れがしっかり落ちるまで何度か繰り返して行きます。

すすぐうちに洗面桶の中の水が汚れてきたら、水をはりかえましょう。

汚れが落ちたら仕上げに蛇口の水でさっとすすぎます。

あまり強く洗ってしまうとブラシの毛が傷んでしまうので、肌あたりが悪くなりムラや肌荒れの原因になってしまいます。優しく洗いましょう。

ブラシの汚れが取れたら優しく絞って、残った水気をタオルで拭き取り、ブラシスタンドに立てておくかタオルの上で陰干ししておきます。

 

○動物毛を使ったブラシ

人工毛ではなく動物の毛を使ったブラシもあります。

専用クリーナーがない場合、中性洗剤ではなくシャンプーリンスを使って洗う方法があります。用意するものは一緒です。

まず水かぬるま湯をはった洗面桶でブラシをかるくすすいだ後、新しい水に入れ替えます。

新しい水を入れた洗面桶の中にシャンプーを1プッシュ程垂らして軽く泡立てた中で、ブラシの汚れをすすいでいきます。

汚れが落ちるまで何度か新しい水に入れ替えてシャンプーを垂らす、を繰り返します。

汚れが落ちたら、新しい水にリンスを1プッシュ入れてかき混ぜた中にブラシを入れて、さっと泳がせるようにすすぎます。

仕上げは蛇口の水でリンスを洗い流します。

 

動物毛は人工毛よりも肌あたりがよいのですが、傷みやすいものです。

人工毛のブラシよりも手入れは念入りにしましょう。

【無添加スキンケア・化粧品をご紹介】
ネット限定商品一覧
各種トライアルセット一覧
美容アイテム一覧

綿棒

綿棒というと、耳掃除や鼻の掃除に使うイメージが最初に出てきますが、メイクをするにおいてかなり重要な役割があります。

アイラインやアイブロウをぼかしたり、少しクレンジングを含ませて、はみ出してしまったり付けすぎてしまったメイクを取り除いたり、細かいメイクの修正にはうってつけです。使い方によってはアイシャドウチップの代わりにもなります。

メイクを綺麗に仕上げるためにはとても便利で欠かせないものなのです。

持ち運びも簡単なので外出する時も2~3本は常に化粧ポーチに入れておくと、外出先でのお化粧直しにも使えます。

最近ではメイクに使いやすいように先が細くなっている綿棒や、片方がドライタイプで、もう片方に元からクレンジングが含まれているメイク修正用の綿棒もあります。

綿棒には種類がたくさんあるので、何種類か持っておいてメイクの場所によって使い分けてもいいですね。

 

アイメイクに使うことが多い綿棒ですが、リップメイクにもとても便利です。

口紅を塗る前の唇にリップクリームを塗った後、綿棒で唇をくるくる滑らせると、余分な甘皮を取り除くことができます。

これをすることで唇がなめらかになり、口紅のノリや持ちもよくなります。

もちろんはみだしてしまった口紅やグロスを取り除くのにも、綿棒は使えます。

 

綿棒はどのメイクにも使えますが、一回使って汚れたものはどんどん捨てていくのでかなり早いペースでなくなる消耗品です。

残りが少なくなってきた時に、「もったいない」という気持ちで汚れた綿棒を何度か使いまわしたりしていると、メイクの修正どころかかえって汚れてしまい、メイクは綺麗に仕上がりませんし、汚れが目に入って結膜炎などの目の病気の原因になることだってあります。

常に清潔で綺麗な綿棒が使えるように、綿棒はそれほど高いものではないので3~4パックくらい買いだめしておきましょう。

余裕を持って綿棒を使った方が、気持ちにも余裕ができてメイクもしやすくなると思いますよ。

 

 

スクリューブラシ

スクリューブラシは、アイブロウを書いた後に眉毛の流れを整え、自然になるようにぼかしたり、ダマになってしまったマスカラをとかしたり、様々な使い方ができるすぐれものです。

マスカラのダマはコームを使ってとることができますが、スクリューブラシを使うとより睫毛をセパレートできます。

アイブロウには初めからペンシルのお尻部分に初めからスクリューブラシが付いているものがたくさんあります。

マスカラのダマ取りにはコームがあるから、という人にもアイブロウにはぜひスクリューブラシを使っていただきたいです。

 

それ以外でもスクリューブラシが欠かせないものがあります。最近流行りのまつ毛エクステですが、時間が経つと毛先が色々な方向を向いてバラバラになりがちです。

そんな時にスクリューブラシが活躍します。

睫毛の上にブラシを添えて、睫毛の下から軽く指を添えてブラシと指で睫毛を挟んでいる状態にします。そこからやさしく上にあげて睫毛をとかしていきます。

このブラッシングケアを毎日欠かさないだけで、まつ毛エクステの見栄えがとても変わってきますし、エクステを長持ちさせます。

 

ですが、バサついた毛質の悪いスクリューブラシを使うと、アイブロウもマスカラもまつ毛エクステに対しても逆効果になってしまいます。

スクリューブラシはブラシ部分の毛質がしなやかで、密度の高いものを選びましょう。

またスクリューブラシを綺麗に長持ちさせる為にも常に汚れは取り除いておきましょう。

マスカラのダマを取った時なんかは、マスカラ液がべったり付いてしまっているので、できればその都度専用のクリーナーか中性洗剤で洗いましょう。

アイブロウやまつ毛エクステに使った時、汚れは少ないですがメイクを綺麗に仕上げるためにも汚れが少しでも気になった時は洗いましょう。

スクリューブラシの洗い方も「メイクブラシの手入れ・洗い方」でご紹介します。

 

スクリューブラシは一本持っておいて損はないです。

特にまつ毛エクステをしている人は、必須アイテムになるので是非持っておきましょう。

ヘアクリップ

メイクをする際、髪の毛って邪魔ですよね。ファンデーションが髪の毛に付いてしまったり、細かいところにしっかり塗れなかったりします。

そんな髪やサイドの髪の毛を垂れてこないように使えるのがヘアクリップです。

ヘアクリップを使うと前髪があってファンデーションが塗りにくいおでこや、頬のサイドもしっかりと塗れます。

マスカラやアイシャドウを塗る時も前髪があると塗りづらいので、ヘアクリップは綺麗にメイクをする際の必需品ともいえます。

 

メイクをする際ヘアーバンドを使うと、ヘアクリップより簡単に顔周りの髪の毛を全てまとめることができますが、外した時髪の毛に跡がどうしても付いてしまいます。

外出先でメイク直しをしたい時なんかにはちょっと不便です。

その点ヘアクリップだと小さいので持ち運びも簡単にできますし、髪の毛に跡が付きにくいものが沢山あります。

ヘアクリップにも様々な種類があり、中でも特に使いやすいのがバンスクリップです。

バンスクリップは100均にも売っていて安く買うことができます。

また種類も豊富で、シンプルなものからラインストーンなどでデコレーションされた可愛いものまであります。

それにメイクの時に使うだけではなく、外出時やお仕事の時のまとめ髪にも使えるので一石二鳥です。

小さいものから、髪の毛を全部束ねられるくらい大きなものまであるので、使う場所によって大きさの違うクリップを使うとよりメイクがしやすくなると思います。

 

最近ではバンスクリップよりも、もっと跡のつきにくい前髪用クリップや、髪の毛全体を束ねられるバナナクリップも人気です。

髪にうねりや折れた跡を付けることなく挟めるのに、ずれにくいのでメイクをする際にぴったりなヘアクリップです。

こちらも低価格でドラッグストアやアクセサリーショップで購入ができます。

 

ヘアクリップは絶対使った方がメイクもスムーズにできますので、一つは持っておきましょう。お気に入りの可愛いヘアクリップを使うと、気分も上がってよりメイクも楽しくなりますよ。

ファンデーションブラシ

ファンデーションは、指やスポンジで塗る方法以外に、毛先の揃いが丸く、平べったいファンデーションブラシで塗る方法があります。

あまり主流ではありませんが、プロのメイクさんが使っていることが多く、ファンデーションをムラなく均一にのばすことができます。

また肌の細かいところまでフィットするので、カバー力があり、ニキビ跡や毛穴が気になる時に使うといいかもしれません。

ですが、肌が荒れた状態の時に使うとブラシの毛先でもっと肌を痛めてしまうこともあるので気をつけましょう。

 

ファンデーションブラシは、パウダーファンデーションにももちろん使用できますが、リキッドファンデーションやクリームファンデーションに使用することの方が多いです。

ブラシはファンデーションを吸収しやすいので、少し多めにファンデーションを手の甲などに出し、ブラシの両面に含ませます。

何度も付け足し塗りをしてしまうと、厚ぼったくなってしまうので一度取ったファンデーションで全体を塗るようにしましょう。

塗っていく順番はリキッドファンデーションと基本は一緒ですが、ブラシの両面を使って肌を撫でるようにして塗っていきます。

細かいところはブラシの先を軽く滑らせるようにして塗っていきます。

最後はどうしてもブラシの塗った跡が残ってしまうので、仕上げは指やメイクスポンジでブラシの跡を軽く叩くようにして馴染ませます。

メイクスポンジを使う方が、余分なファンデーションも取り除いてくれるので、化粧崩れしにくくなりますよ。

 

ファンデーションブラシもメイクスポンジ同様その都度洗うことをお勧めします。

メイクスポンジと違って次の日には乾いているのですぐ使えます。

洗い方は、「メイクブラシの手入れ・洗い方」でご紹介します。

また、大事に使っていても毛がだんだん傷んできて肌あたりが悪くなってきます。

その時は新しいものに取り換えましょう。

スポンジ同様ブラシの手入れを欠かさないことは、綺麗な肌を作ることに繋がります。

常に綺麗なブラシを大事に使いましょう。

メイクスポンジ

メイクスポンジはファンデーションを塗る際にとっても便利な道具です。

塗りすぎを防いで自然な仕上がりにしてくれますし、塗りすぎたファンデーションを少し取り除くことにも使えます。

またファンデーションに限らず、コンシーラーを馴染ませたり下地を塗るのにも使えるメイクスポンジは万能とも言えます。

パウダーファンデーションに付属されているパフもメイクスポンジに含まれますが、ここでは市販の三角などの角があり、厚みのあるものの紹介をします。

 

メイクスポンジには様々な種類がありますが、薄いものより2、3センチ以上ある厚いものでキメが細かいものの方がファンデーションを塗っていく時力が安定してムラになりにくいです。

形は角があるものが小鼻の際などの細かいところを塗りやすいです。角があれば形はどれでも大丈夫だと思います。

 

できれば一度使ったスポンジはその都度洗ってください。

古いファンデーションが付いたままの汚いスポンジをそのまま使ってしまいますと、ファンデーションのムラ塗りの原因にもなりますし、素肌への負担がかかってしまいます。

洗ったスポンジは陰干しをするのですが、キメの細かいスポンジ程乾きにくいので一日ではまだ乾いていないことが多いです。

なので、ローテーションができるようにスポンジは一個だけ持っておくのではなく、最低でも3個くらいは持っておきましょう。

また洗っても中々汚れが取れないときは、その部分をカットして使うという方法もあります。洗いすぎてボロボロになってしまったスポンジは使いづらいですし、ファンデーションも上手く塗れないので思い切ってカットするか、新しいスポンジに交換することをお勧めします。

スポンジの洗い方は「パフの手入れ・洗い方」でご紹介します。

 

ちょっと手間がかかるようにも見えますが、この一手間をかけるだけでもファンデーションの仕上がりが変わってきます。

是非メイクスポンジは常に綺麗な状態で使ってください。