リワークプログラム施設の見つけ方

リワークプログラムを行う施設は数多くあり、探すときに困ってしまう方も多くいることでしょう。
しっかり自分に合ったリワークプログラムを行っている施設を探すことができれば、症状の再発はかなり減ります。
探すときの注意点を確認して、施設選びに失敗しないようにしましょう。

<注意点1>施設の種類を知る
リワークプログラムを行っている施設は多くありますが、大きく分けると3種類に分かれます。それぞれの違いを知り、自分に適した施設を選ぶとよいでしょう。

■行政系
独立行政法人・福祉保健局が行っていて、うつ病などで休職中で復職を希望している方が対象です。(失業中の方や、国・地方公共団体・特定独立行政法人に勤務している方は対象外です。)

■医療系
病院やクリニックが行っていて、うつ病で休職中で復職を希望している方が対象です。(失業中の方は対象外です。)
「デイケア」「ショートケア」「作業療法」などのリハビリプログラムで構成されています。

■民間系
企業やNPO法人が行っていて、うつ病で休職中でも失業中でも復職を希望していれば対象となります。
内容は各企業によって異なりますが、再発防止や職場復帰に向けた独自のプログラムを行っています。

<注意点2>申込み前に施設を見学しに行く
施設によっては説明会や見学会を行っているところもあるので、できればご家族と共に行ってみてください。
施設ごとに様々なプログラム内容となっていますので、復職したい職場に合った内容のプログラムになっているか確認しておきましょう。

<注意点3>休職中のうつ病患者を対象としているか
施設によっては、精神障害者と一緒にプログラムを行うようなところもあります。その場合、症状が悪化してしまうことも考えられるので、復職できるくらいまで回復しているうつ病患者を対象としている施設を探すようにしましょう。
自分と同じような症状の方が集まる施設であれば、安心して通うことができるはずです。

<注意点4>施設の場所を確認する
施設には2ヶ月~数ヶ月程度通う必要があります。復職したときの通勤を想定して定期的に通うことのできる施設を選ぶようにしましょう。

<注意点5>施設の条件を確認する
症状が再発しないように、リワークプログラムを実施してから5年以上たっていて、多くの実績がある施設のほうがよいでしょう。

以上の注意点を参考にしながら、自分に合ったリワークプログラムを行っている施設を見つけましょう。

復職支援(リワーク)が受けられる施設の種類

復職支援プログラムを行っている施設は数多くあり、プログラムの参加を検討している方はどこに申し込もうか迷ってしまうのではないでしょうか。
どのような施設があるのか確認してみましょう。

まず、復職支援プログラムを行っている施設を大きく分けると3種類に分かれます。
①独立行政法人・福祉保健局が行っている行政系
②病院・クリニックが行っている医療系
③企業・NPO法人が行っている民間系

次に、この3種類の施設がどのようなものか確認しましょう。
①独立行政法人・福祉保健局が行っている行政系
うつ病などのメンタルヘルスの問題で休職していて、復職を考えている方は対象ですが、失業している方や国・地方公共団体・特定独立行政法人に勤務している方は対象外となっています。
住んでいる地域ごとに受けられる体制などが異なりますので、市町村健康センターなどに問い合わせて確認してみるとよいでしょう。
行政系の復職支援は無料なので、希望者が多くて利用できるようになるまで数ヶ月待つ場合があります。その他にも期間は3ヶ月で、延長は基本的にできません。

②病院・クリニックが行っている医療系
行政系と同じく、うつ病などのメンタルヘルスの問題で休職していて、復職を考えている方は対象ですが、失業している方は対象外となっています。
症状の回復・安定や、再発防止のためのセルフケア能力の向上などを目的としていて、「デイケア」「ショートケア」「作業療法」などのリハビリプログラムで構成されています。
専門医が常駐していて、2ヶ月~数ヶ月間利用することができますが、自立支援医療制度を使用して医療費を軽減しても費用は発生します。

③企業・NPO法人が行っている民間系
うつ病などのメンタルヘルスの問題で休職中でも、失業中でも復職を考えている方は対象となります。
再発防止や職場復帰へ向けた独自の取り組みを行っていて、中には農作業などのプログラムを取り入れているところもあるようです。(内容は企業によって異なります。)
専門医は常駐せず、専門医と協力しながら行っているところもあります。金額は前年度の所得によって異なりますが費用は発生します。

復職支援プログラムを行っている施設はいろいろあるので、しっかり続けられるように自分に合ったところを選ぶほうがよいでしょう。
おすすめの施設はこちら

リワーク(復職支援プログラム)の期間と費用

復職支援プログラムに参加するには費用もかかりますし、決められた期間はプログラムに出席することになります。どのくらいの費用がかかり、どの程度の期間を要するのか確認してみましょう。

<費用>
健康保険が適用されますが、費用は参加する施設によって異なりますので、一概にいくらとは言えません。しかし、「自立支援医療制度」を利用すれば医療費を軽減することができます。

・自立支援医療制度
精神疾患を患っていて、継続的な通院治療が必要な方が対象となる制度で、精神障害及びそのために生じた病態に対して行われる医療が対象となりますが、入院費用・カウンセリングなど対象外となるものもあるので注意してください。
症状がほぼ消えている方でも、状態を維持して再発防止のために治療が必要な場合は、自立支援医療制度の対象範囲に含まれます。
この制度を利用すると、1割負担で治療が受けられます。さらに、世帯の所得や疾病などに応じて月当たりの上限負担額が設定されていますし、継続的に相当額の医療費がかかる方にも月当たりの上限負担額が設定されています。
期間は1年間となっていますが、更新の手続きを行えば引き続き利用することも可能です。
自立支援医療制度の申請には、「自立支援医療支給認定申請書」「医師の診断書」「健康保険証」「印鑑」「所得を確認できる書類」が必要で、全部揃えて住んでいるところの市区町村役所に持っていけば申請手続きができます。(自治体によって異なる場合もあります。)

<期間>
復職しても症状を再発させないためには、復職支援プログラムに参加しながら症状をしっかり回復させることが大切なので、参加期間は個人によって異なります。
状況によっては参加する期間が延びる可能性もありますので、復職支援プログラムに参加しようと検討している方は余裕をもって利用することをおすすめします。症状を再発させないためにも、規則正しく週5日間の参加が続けられるようになるまでしっかり復職支援プログラムを利用したほうがよいでしょう。

休職扱いになっていると復職支援プログラムに参加する費用も大変だと思いますが、自立支援医療制度をうまく活用して、休職中にしっかり症状を回復させましょう。

おすすめお酒買取業者

お酒の買取をしてもらおうと考えた場合、どこに買取をお願いしますか。考えられるものをいくつかあげてみます。

1、インターネットオークションで自ら出店

メリット:いつでも自分の都合で出品が可能であり、もしかしたら高額になることもあるかもしれません。

デメリット:手数料等が発生し、また金額の想定ができないので損をしやすいかもしれません。買い手に対しても信頼できる方がどうか、等自己責任の範囲で出品します。

2、リサイクルショップや質屋

メリット:自宅近所にあるショップを利用することで手近に済みます。

デメリット:お酒の専門員がいることがあまり多くないので、正しい査定を受けられないため、思ったより安価であったり、お店によっては買取自体を断られることがあります。

3、お酒の買取専門店

メリット:お酒の専門知識があり、高額でスムーズに買取をしてくれることが多いようです。

デメリット:お酒の買取専門店が自宅近くにないことが多いです。

 

以上から高額で買取をしてくれることが多いであろうお酒の買取専門店のうち、インターネットや電話で在宅のまま査定を受けることができ、また持ち込みが難しい場合、出張買取や宅配便を利用しての売却ができ、さらには手数料等が発生しない、そういったお店を選ぶことが良いようです。また、キャンセルができることや出張買取を依頼した場合の日程調整ができること、これも大事な条件ですね。

買取り無料査定をしよう

お酒の買取をしてもらおうと思ったとき、利用したいのが無料の査定です。現代の世の中は様々なお店があり、お酒の売却に関わらず、見積を取ったり査定を受けたりするだけで手数料が発生することがあります。また見積を取ったり査定を受けるだけのつもりが、その後のキャンセルができないこともあります。信頼できるお店を慎重に選びたいところです。

今回参考にしているのが「お酒買取専門店ファイブニーズ」です。こちらのお店はその名のとおり、お酒専門の買取店で査定無料、キャンセル可能、さらに送料等も一切無料と大変良心的なお店のようで、ホームページから簡単に無料で査定を受けることができます。
 

今持っているものを買い取ってもらおうとしたとき、例えば中古車両の売却ですが、査定を受けると「今決断してもらえればXX円です。」「他社ではXX円にしかなりませんよ。」といった即決を迫られることがあり、筆者も経験済みです。その時は車両の査定を受けたのちにその査定員は他の買取店のスタッフがインターホンをならしても、玄関でずっとねばっていました。正直かなり迷惑でしたので、そのお店が一番高価に買取する見積を提示してくれましたが、納得できず他店に売却をしました。売却予定だが、お店の方に即決を迫られると何となく嫌な気持ちになったり、戸惑ったりします。

 

ですが、こういった良心的なお店でWEB上の査定を無料で受けることができると安心です。

操作上手間は無いのか実際に見てみました。結果は「簡単」でした。お酒に対して無知でもボトルに書いてる情報や自分が知りえる情報をそのまま書くだけでした。こういったところもお酒に特化しか買取専門店ならではなのではないかと思いました。パソコンに不慣れな場合は電話でも対応してくれるようです。

大きな手間や時間もかからず、良い状態での保管はが難しいお酒で今後飲む予定がないものならば、まずは無料査定を受けることをおすすめします。もちろん納得できなければキャンセルもできるので、安心して行動にうつすことができますね。

ワインやブランデーの高額買取のポイント

ワインやブランデー等の買取を希望した場合、せっかくならできるだけ高く買ってもらいたいですよね。お酒も買取をしてくれるお店は多数あります。たとえばリサイクルショップ、ブランドショップ、質屋・・・ですが、お酒の買取専門店は日常的にお酒を提供している飲食店とのルートがあるので、高価に買取してくれることが多いようです。小売りやネット販売等の仲介ではなく、飲食店とのネットワークがあることや、お酒に特化することで専門のスタッフがいること、ネットを利用して買取をすることで大型店舗が不要であること、などの理由から買取・販売にかかるコストが低く済み、高額買取してくれることが多いようです。

では、実際に高額買取してもらうためにできることは何でしょう。それは、できるだけ購入時に近い状態にあることです。

汚れを取り、ラベル等を良い状態に保つ、またコルクの状態もできるだけ良い状態に保つ。ということは、お酒を買取してもらおうと思ったら、できるだけ早く査定してもらった方が良いのではないでしょうか。買取をしてもらおうと考えたのであれば、いずれ飲むために自分で保管するわけではありませんよね。それならばお酒やボトルを良い状態に保つ知識や経験、スペースなども多くはないのではないでしょうか。実際筆者がかなり以前に頂いたブランデーを開けたときは保管方法が悪かったようで、コルクが劣化し破損してお酒の中にコルクのカスが入ってしまい、結局茶こしでこしながら飲むことになりました。どうすればよい状態に保つことができるのか、調べれば良いのかもしれませんが、飲む予定の無いお酒についてわざわざ調べて保管する方も少ないと思います。

それならば今あるお酒のうち、飲む予定等の無いものは、まずラベル等を傷つけないようにボトルを掃除し、すぐに無料の査定を受けてみてはいかがでしょうか。そのうちに・・・と思っていると、そのまま劣化してしまうと思われます。査定は無料であることも多いですし、金額に納得できなければ、キャンセルができる買取店を選んで行動に移す、これが高額買取のポイントではないかと思います。

リワークと認知行動療法プログラム

リワーク(復職支援プログラム)の中には、認知行動療法という心理療法も含まれていますが、どのようなものなのか確認してみましょう。

■認知行動療法とは
ネガティブなものの見方をしていると気分が落ち込んだり、不安な気持ちを引き起こしたりしてしまうものです。しかし、それが原因でストレスの増大・精神状態が悪化して、結果的にうつ病などの症状が再発してしまうこともあるのです。認知行動療法を学ぶと、考え方のくせや物事の受け取り方など、自分の認知パターンを把握することで感情と行動をコントロールできる認知機能を育成して、不安感などの心理的問題の改善が望めます。
認知行動療法は、うつ病の治療には最も多く選ばれている心理療法です。また、医学的にも証明されていて、抗うつ剤と同じくらいの効果があると言われているくらいなので、どんな病院(施設)でも必ずプログラム内容に入っているようです。

認知行動療法は、欧米ではうつ病・パニック障害・不眠症・摂食障害などの精神疾患に効果があるとされて広く使われていますが、最近では子供の心理的問題に対しても効果的であると考えられていて、諸外国では子供や若者に認知行動療法を用いて効果をあげています。
否定的なくせ・考え方はストレスを増大させ、気分・身体・行動にマイナスの影響を与えてしまいます。しかし、認知行動療法によって、前向きなものに変えていくと、ストレスの軽減や心身の不調を防ぐことができ、自分らしく楽しい日々を過ごすことができるようになります。

認知行動療法は個人面接で使われることの多い治療法ですが、職場復帰を目指している人たちと意見の交換をしながらグループで進めていくこともあります。悩みや不安感を語り合って共有することで孤独感を和らげ、職場復帰に向けた具体的な対策を立てられるようにします。

「物事を悲観的に考えてしまう」「悪い結果を想像してしまって行動できない」「うつ病で薬を飲んでいるが良くならない」に当てはまる場合などは、認知行動療法を受けてみるのもいいかもしれません。
認知行動療法は様々な病院(施設)などで実施されています。どこで治療を受けようと悩まれる方もいると思いますが、東京足立病院のように精神医療を行っている病院(施設)もありますので、症状が再発したり、最後までリワーク(復職支援プログラム)を行えなくなったりしないように慎重に病院(施設)選びをしてください。

リワーク(復職支援プログラム)の利点

うつ病などのメンタルヘルスが不調になった人の治療には、休養と服薬が大切です。
短期間で復職するとうまくいかずに再休職になる場合もあるので、復職時期などは専門的な復職支援のノウハウが必要になってきます。
働くためには生活リズムの安定や職場でのコミュニケーション能力などの回復が必要です。リワーク(復職支援プログラム)では、休職期間中にリハビリテーションや復職計画によって、少しずつ能力を回復させていきます。また、リワーク(復職支援プログラム)に通うことで症状の再発防止につながるとともに、休職中に他の人と会って話す機会が少なくならずにすみ、復職後に職場での人間関係を円滑にすることができます。
リワーク(復職支援プログラム)は、うつ病などのメンタルヘルスが不調で休職している人の職場復帰を手助けするためのプログラムで、グループワークを中心とした体験型のプログラムで構成されています。

次に、リワーク(復職支援プログラム)を行う利点はどのようなものがあるのでしょうか。
・リワーク(復職支援プログラム)に通えば休職中の居場所が確保できるだけでなく、同じ悩みや目標を持った仲間ができ、仲間との交流を図っていくうちに一人じゃないから頑張ろうという気持ちになることができます。

・休職中は特にやることもなく、家に閉じこもりがちになってしまうので、昼夜逆転することも少なくありません。リワーク(復職支援プログラム)に通うことで閉じこもりがちだった生活が活動的になり、生活習慣や睡眠リズムが正常に戻ってきます。

・専門家の指導のもと、自己表現する方法や考え方を柔軟にする方法、症状を再発せずに生活する方法などを学べます。

・他の人と話し合ったりすることで、失ってしまった自信を回復し、前向きに復職することができます。

従業員のメンタルヘルスの悪化が指摘されていますが、メンタルヘルス対策をしている企業は少ないのが実態です。うつ病などのメンタルヘルスが不調の場合は、回復すれば以前のように働くことができます。企業にとって、新しい従業員を育成するよりも効率的だと思いますので、ぜひリワーク(復職支援プログラム)を導入して、従業員のメンタルヘルスを守ってあげてください。

■医療法人財団厚生協会 東京足立病院 リワークデイケア
http://www.rework-program.jp/rework/

リワーク(復職支援プログラム)とは

リワーク(復職支援プログラム)とは、うつ病を中心とするメンタルヘルスの不調で長期休業していた労働者を会社側が支援するため、どのような職場でも適切な対応が出来るように、関係者の役割や活動の基本などをあらかじめルール化しておくものです。しかし、現状ではメンタルヘルスの不調で休業した従業員の対応に苦慮している企業も多いことでしょう。病気自体の難治性や再発などもありますが、復帰に向けた社内制度が整っていないことや、復職後に適応できず再休職になってしまうなどの問題があります。急いで復職させることは、本人の病状の安定を妨げるだけではなく、周囲の人間関係にも悪影響を及ぼす可能性もあるので、「復職支援プログラム」に基づいた対応が求められているのです。

メンタルヘルスの不調は完治に時間がかかり、何かのきっかけで再発しやすいので、本人の状態や企業側の都合、場合によっては主治医の意見も合わせながら復職プログラムを組み立てていきます。本人を復職させる場合は、主治医から復職診断書が出ていることが前提で、無理な内容の復職プログラムにならないように十分気をつける必要があります。例えば、挨拶程度の出社から始めて、リハビリ勤務を経るなど計画的・段階的に職場復帰を果たしていくとよいでしょう。新しい職場環境や人間関係はストレスになる可能性もあるので、復職するときは現職への復帰が望ましいです。しかし、メンタルヘルスが不調になった原因が元の職場の業務や人間関係の場合は、異動なども視野に入れながら本人と話し合い、復帰する職場を検討していく必要があります。
復職の目途がたったら、休職中の扱いにはなってしまいますが、本格復帰したときのストレス緩和のためにリハビリ勤務(ためし復職)を行ってみるのも良い方法だと思います。一日数時間勤務で一週間に数日出社するといった出勤体制にすることが望ましく、仕事内容も負担のかからない仕事を選択しましょう。リハビリ勤務の問題点は、休職扱いなので無給なことと、通勤途中で事故に遭っても補償されないことです。リハビリ勤務を行う前に、本人に確認して双方納得の上で行う必要があります。
従業員のメンタルヘルスを守るため、ぜひ復職支援プログラムを活用してください。

買取対象となるお酒・銘柄

眠っているお酒を売却するか検討するにあたって、どういったお酒が買取対象となるのでしょうか。さすがにコンビニエンスストア等で売っているいわゆるワンカップなどは対象ではありませんが、かなりたくさんの種類のお酒を買取してくれるようです。すべてを掲載することはできませんが、一部を書き出してみます。また買取対象なのかどうかは実際に予定店舗に直接問い合わせてみることをおすすめします。

 

<ワイン>

シャトー・ラフィット・ロートシルト

シャトー・ラトゥール

シャトー・マルゴー

シャトー・オー・ブリオン

シャトー・ムートン・ロートシルト

ロマネ・コンティ

シャルロパン パリゾ

コシュ デリ

クロード・デュガ 等

 

<シャンパン>

ドン ペリニヨン

ニコラ・フィアット

モエエ・シャンドン

ランソンシャンパン

ルイ・ロデレール

サロン

ローラン・ぺリエ

ペリエ ジュエ 等

 

<ブランデー>

レミー マルタン

ヘネシー

カミュ

ミュコー

グラッパ

バローズ

シャボー

デュポン

フランシスダローズ 等

 

<ウイスキー>

■ジャパニーズウィスキー

山崎

竹鶴

余市

白秋

富士山麓

北杜 等

■スコッチ・シングルモルトウィスキー

アードベッグ

カリラ

グレンフィディック

ザ・マッカラン

ローズバンク

オーバン 等

■スコッチ・ブレンデッドウィスキー

オールド パー

シーバス リーガル

J&B

ジョニーウォーカー

ホワイト・ホース 等

■アイリッシュウィスキー

カネマラ

タラモア・デュー 他

■アメリカンウィスキー

IW.ハーパー

アーリータイムズ

エヴァン・ウィリアムス

ジム・ビーム・ライ

ジャック・ダニエル

フォアローゼス

ワイルドターキー 他

■カナディアンウィスキー

アルバータプレミアム

クラウン・ローヤル 他

 

<焼酎>

森伊蔵

魔王

宇佐美

村尾

赤兎馬

富乃宝山 他

 

<日本酒>

磯自慢

越乃寒梅

菊姫

久保田

刻流

明鏡止水

八海山 他

 

かなりたくさんの種類のお酒の買取をしているようです。ここに掲載のないお酒も店舗ホームページではたくさん掲載されており、また掲載されていないお酒についても相談にのってくれるようです。