披露宴の余興とは

一般的な結婚式は、神前式、人前式、教会などと厳粛な儀式が執り行われ、それぞれお互いの家族の顔合わせがあり、披露宴へと移ります。披露宴では来賓のスピーチ等が行われ、そのあと引き続き友人や会社の同僚などが参加しての様々な余興が行われます。披露宴での余興とは、厳粛な式のあと、ゲストや来賓、家族の方々に、さらに盛り上げたりして、よりその結婚式を印象の深いものにするという意味あいがあるようです。また、レストランなどで行われるウェディングパーティでも同様です。一般的には来賓の方、親族、同僚や友人らのスピーチがポピュラーで、歌の披露、踊り、ダンス、ちょっと趣向をこらして、手品やビンゴ大会などが行われます。
また、友人たちによる寸劇や、司会から新郎新婦それぞれの友人たちを指名して、遊び心いっぱいのちょっとしたゲームを行わせ、場を盛り上げることも行われています。
披露宴の余興では来賓やゲストの方々がみなさん、楽しめる余興が理想ですよね。

友人や会社の同僚の人たちにお願いすることが多いかと思われますが、そこに参列しているゲストの方全員が楽しめるのが一番の余興になります。
結婚式に参加しているゲストは、新郎新婦との関係性のみで、共通点はありません。極論でいえば、会ったこともない、まったく初めて同士の人たちです。そのような会で同じ時間を共有して、同じ余興をみて楽しめる余興とは万人受けすることが重要です。友人や会社の同僚に一任するのも手ではありますが、ウェディングプランナーに相談するのもお勧めです。式の格式や品位を落とさず、新郎新婦の意見を聞きながら、みんなで楽しめる余興を提案してくれるはずです。
また、結婚式に参加して余興を見ると、新郎新婦の二人が今まで生きてきたなかで、どのような人間関係を築いてきたのかが垣間見えます。友人知人、会社の同僚、家族、親族など、たくさんの人たちに祝福されて2人の門出を祝ってもらう、そのような意味あいも含まれています。

評判の披露宴ビデオ制作会社

“評判の披露宴ビデオ制作会社
例を出すとファニーズ株式会社という映像・音楽の制作会社がありますが、ここでは若干高額にはなりますが、とにかく新郎新婦だけでなく、披露宴に来たすべての方を楽しませるを目標とした余興動画を制作する会社です。HPを見ると、様々なバージョンのサンプルがあり、本当に面白いものができるんだろうか?という心配を払拭してくれることでしょう。また、この会社は期間も一か月という短い期間でも対応可能ですし、サンプルとして渡せるものが写真しかなくても、それをネタにした面白動画を作ることができるのです。

また、動画プランにも数種類あり、結婚する二人に適したプランを組み立てることができます。昨今当たり前になってきた授かり婚であればそれに適したプラン、また、結婚披露宴が始まるまでに流す余興として、映画の予告編のようなオープニングプラン、また、新郎新婦の情報がたくさん伝えられている場合であれば、オリジナルプランなどといった、様々な種類があります。また、この会社の良い点は、プロフィールから余興まで、様々なビデオを一括でお願いすることができます。他社であれば、制作に2.3か月かかるのも稀です。一か月という短期間での制作で、しかもメールで新郎新婦に確認してもらえるというサービスは便利で安心できるものだと思います。また、この会社がなぜ評判になっているかというと、面白くなるまで作る、ということをモットーとしていることが大きいと思われます。できたものをメールで送り、新郎新婦に確認してもらった段階で修正ができます。すべてお任せで作っていても、なかなか納得できないもの、多々ありませんか?少なくとも、この会社に関してはそういった心配はありません。また、資料請求によって三万円の割引をセットにしたりと、お得な割引もありますので、それも評判の一つといえるでしょう。さらに、HPには正直に他社と比較をすると高い、と書いてあります。こういった正直さも間違いなく評判の一つでしょう。

披露宴の余興動画を専門会社に依頼しよう

“披露宴の余興動画を専門会社に依頼しよう
一般的に披露宴の余興動画とはどんなものでしょうか。たとえば披露宴が始まるまでの時間集まった人に見てもらうものだったり、食事中に二人のなれ初めや新郎新婦から披露宴に来た人たちへのメッセージを流すなどがあります。また、それらを作るのに予算を気にして自分たちで作成するよりも、クオリティーを重視するならば、専門の会社に依頼するのが最適でしょう。その場合は自分たちで考えたネタを具現化してもらったり最初から専門の会社に依頼する方法とがあります。自分たちで作った場合、どうしても自己満足になりがちで、披露宴に来た人たちすべてが楽しめる内容にするのは難しいのです。

なぜならば、披露宴は友達だけが来ているわけではなく、普段会うことのないいとこだったり、会社の上司も来ているからです。ですから、すべての人に楽しんでもらうことを考えるならば、専門会社へ依頼して、多くの人に楽しんでもらえるものを作るべきでしょう。またこの場合、まず新郎新婦のプロフィール、家族構成や小さいときにどんな子供だったかや、学生時代について質問されます。また出会いやきっかけなども詳しく聞き出されます。面白く、よりよい出来栄えを期待するのであれば、伝える情報が多ければ多いほどよくなります。最近の流行では、披露宴が始まるまでの時間、映画の予告編のような内容の余興動画などが人気のようです。映画の注意のように携帯電話をお切りくださいとか、途中で席を立たないでくださいだとかの内容のものがあります。待っている人を退屈させないような内容で作られています。例をあげるならば、このようなサイトがあります。(URL→http://uta-movie.com/)専門の会社に依頼するメリットで最も大きなものは、それにかける時間をほかのことに利用できることです。とにかく結婚披露宴の準備は忙しいので、新郎新婦が内容のチェックをするだけにして、あとはすべて専門の会社に依頼さえしてしまえば、あとは新郎新婦も楽しみに待つだけでよいのです。

動画を使った結婚式ビデオの作成方法

“動画を使った結婚式ビデオの作成方法
結婚式を記録に残したい方もたくさんいらっしゃると思いますが、プロに頼むとかなりの予算を取られます。しかしデジタルカメラやDVDレコーダーや無料動画素材などを利用して自分たちで記録を残すのもよいでしょう。そうすればかなり予算を削減することが可能となります。動画を使った結婚式ビデオの作成方法としては、メイキングなどを作り、新郎新婦へ友人一同がどのようなスタンスでそのビデオを作ったかということも周囲の人たちに知らせることもできるので、単なる映像としてではなく、動画で作るというメリットを生かせることでしょう。自分たちで作る場合、すべて一台のパソコンで作業が済みますから、編集する様子をまたビデオに残してそれをメイキングに入れ込む、というやり方もあります。もちろん、写真に残すのも素敵ですが、動画であれば、その時の表情だけでなく、声も残すことができますから、何年か経って、新郎新婦の間に子供さんができた場合、動画で残しておけば子供さんに見せて楽しむこともできます。

また、素材としての動画を結婚式の流れに入れ込めば、ドラマや映画のような演出を行うこともできます。面白く盛り込んだり、ドラマチックな演出に変えることもできるのです。演出として文字を入れるにしても、動画としての動きがあるのとないのとでは印象が全く違ってきますし、迫力も違います。最近は無料動画の素材もたくさんありますから、お金をかけなくてもとてもこった内容のビデオを作成することができます。写真をスライドショーのような形でビデオにするのもよい方法だと思いますが動画を使った迫力にはとてもかなわないでしょう。動画を使うことによって、大人だけでなく子供さんも見て楽しむことが可能となります。披露宴では大人だけが楽しむのではなく、お祝にいらした子供さんにも楽しんでもらえる趣向にするためにも、動画を使った結婚式のビデオを用意しておくことは参加してみる立場の人にも、残して後から楽しむ人にもメリットがあります。

披露宴のネタ・ゲームの種類

“披露宴のネタ・ゲームの種類
たとえば、披露宴で行われるネタやゲームにはどのようなものがあるでしょう。いくつか例に挙げますとビンゴゲーム、面白メモリアルムービー披露、奥さんを当てましょうゲーム、友人一同による芸能人なりきりおめでとうコメント披露などがあります。それぞれお金のかかるもの、たいしてかからないものなど様々ですし、新郎新婦に内緒のものなど趣向を凝らして会場全員で盛り上がることも可能です。たとえば披露宴ネタに最適な動画作成であれば個人でお金をかけずにインターネットなどの無料サイトで素材を拾い、仲間内であれこれ言いながら作成する側も楽しむことも可能です。お金のかからないネタやゲームであれば、とにかく手作り感のあるものでしょう。

今では100円均一でたいていの物はそろいますから、飾りであるとか、簡単な景品であれば、とても安い値段で購入することができます。また、量販店でマジックの種やビンゴゲーム用のアイテムなども販売されており、練習次第ではみんなで楽しむネタやゲームはかなり予算を押さえて行うことも可能です。逆に、お金を使って行うネタやゲームであれば、イベント会社やプロダクションに依頼をして、台本を用意してもらったり、芸能人を呼んですべて行ってもらう、などがあります。同じことをするにしても、プロの司会者さんや作家さんの用意した台本に従ってネタやゲームを行うと、その語り口だけでも大きく盛り上がることがあるのです。普通にネタやゲームを行うのではなく、その中で参加した人をいじったり、ゲームの内容にプラスした新郎新婦の秘話などを盛り込むことによってとても面白いものに変わるのです。お金をかけることがいいとか悪いとかではありませんが、披露宴でのネタやゲームは参加した人を楽しませるためにあります。また新郎新婦の一生の思い出となるわけですから、幹事が内緒でネタを用意するにしても、新郎新婦側が考えて行うにしてもすべての人が最後まで楽しい気分で終わらせることが重要だと思われます。

披露宴のルールを守ろう

そもそも結婚披露宴とは結婚したことを周囲の人に披露する宴です。だからこの場合、新郎新婦、もしくはその両親が客をもてなし、結婚したことを報告する場なのです。つまり、来てくださった方々に楽しんでもらう、という趣向から始まったのがいわゆる披露宴の余興だといえるでしょう。披露宴といえば、昔は仲人をたてて行っていましたが、最近では人前式といって、仲人をたてない披露宴が主になってきています。ですから、たいていの披露宴の場合新郎新婦の友人に幹事を頼み、新郎新婦入場から退場に至るまでの一連の流れを把握し、披露宴会場をおさえている時間を考え、食事の時間や余興の時間を組み立てていきます。余興に使われる時間はたいてい来賓のあいさつや乾杯の音頭のあとの食事の時間にこれがあてられます。参列者それぞれがテーブルを回ってあいさつをしたり、新郎新婦にお祝いを言いにいくなどの行為が一通り終わったところで始まることが多いでしょう。

昔の披露宴の余興といえば、お酒を使って一気で飲んでひたすら騒いで終わり、という激しいやり方が多かったのですが、昨今ではお酒を飲まない人が増えてきたことや、一気飲みすることで急性アルコール中毒などが発生することを避けるため、お酒がメインになる披露宴の余興は減ってきています。むしろ、素面の方でも楽しめる内容のものが主流となってきています。珍しいものでは、芸能人を呼んで披露宴の余興をすべてお願いするパターンなどもあります。その場合、歌手や役者さんではなく芸人の方を呼ぶのが人気になっています。テレビで売れていなくても、地方での結婚披露宴の余興だけで生計を立てている芸人さんもたくさんいるからです。このように、結婚披露宴の余興は様々な手法があり、お金をかけないで自分たちの手作り感を全面に出す余興や、お金をかけてバルーンや昔であればゴンドラやドライアイスをたいて行う余興など、様々なやり方があります。披露宴の中でも余興はメインとなりますので、新郎新婦も、幹事を頼む友人は慎重に選んでいることでしょう。それは、お料理よりも、余興しだいでいい披露宴だったかどうかの印象が変わってくるからなのです。