一般的な結婚式は、神前式、人前式、教会などと厳粛な儀式が執り行われ、それぞれお互いの家族の顔合わせがあり、披露宴へと移ります。披露宴では来賓のスピーチ等が行われ、そのあと引き続き友人や会社の同僚などが参加しての様々な余興が行われます。披露宴での余興とは、厳粛な式のあと、ゲストや来賓、家族の方々に、さらに盛り上げたりして、よりその結婚式を印象の深いものにするという意味あいがあるようです。また、レストランなどで行われるウェディングパーティでも同様です。一般的には来賓の方、親族、同僚や友人らのスピーチがポピュラーで、歌の披露、踊り、ダンス、ちょっと趣向をこらして、手品やビンゴ大会などが行われます。
また、友人たちによる寸劇や、司会から新郎新婦それぞれの友人たちを指名して、遊び心いっぱいのちょっとしたゲームを行わせ、場を盛り上げることも行われています。
披露宴の余興では来賓やゲストの方々がみなさん、楽しめる余興が理想ですよね。

友人や会社の同僚の人たちにお願いすることが多いかと思われますが、そこに参列しているゲストの方全員が楽しめるのが一番の余興になります。
結婚式に参加しているゲストは、新郎新婦との関係性のみで、共通点はありません。極論でいえば、会ったこともない、まったく初めて同士の人たちです。そのような会で同じ時間を共有して、同じ余興をみて楽しめる余興とは万人受けすることが重要です。友人や会社の同僚に一任するのも手ではありますが、ウェディングプランナーに相談するのもお勧めです。式の格式や品位を落とさず、新郎新婦の意見を聞きながら、みんなで楽しめる余興を提案してくれるはずです。
また、結婚式に参加して余興を見ると、新郎新婦の二人が今まで生きてきたなかで、どのような人間関係を築いてきたのかが垣間見えます。友人知人、会社の同僚、家族、親族など、たくさんの人たちに祝福されて2人の門出を祝ってもらう、そのような意味あいも含まれています。