近年携帯電話はあらゆる場所で販売されています。従来の各携帯電話会社だけではなく、携帯電話専門店、インターネット上、電器店、大型スーパー・ホームセンター、さらには車両販売店などがあります。各店舗のメリット・デメリットはどういったものが考えられるのでしょうか。

 

携帯電話会社(Docomoショップなど)

メリット:専門知識や最新の情報があり、適切なアドバイスを受けることができます。

デメリット:各電話会社取扱いの携帯電話しか販売しておらず、また値引きも少ないです。在庫の有無についてもリサーチが必要です。

 

インターネット上

メリット:安価であることが多いです。

デメリット:購入を考えている人に知識や店舗で購入するよりも購入責任が必要だと思われます。

 

電器店

メリット:多数の携帯電話が比較・購入可能です。安価であることも多いです。

デメリット:電器店のスタッフにより知識がまばらで、購入するにあたっては事前リサーチが必要です。

 

大型スーパー・ホームセンター・車両販売店など

メリット:多数の携帯電話が比較・購入可能です。安価であることも多いです。

デメリット:機種が限られていることがあり、購入するにあたっては事前リサーチが必要です。

 

携帯電話専門店

メリット:多数の携帯電話が比較・購入可能です。安価であることも多いです。

デメリット:最新の機種を希望の場合、取扱いがあるか在庫があるかリサーチが必要です。

 

携帯電話を購入する場合は、ある程度は各自でリサーチが必要であることが多いと思われます。機種だけではなく、月々の使用料等のプランについても選択しなくてはなりません。そうなるとやはり、携帯電話を比較でき、できればプラン等についても相談できる店舗で購入できる方が安心できるかもしれません。携帯電話が現代人にとって生活必需品であり、またプランには2年間使用の条件付きのものが多いので、納得して購入しできるだけ長く使いたいものです。