美肌を保つためにも、日々の洗顔は欠かせません。

自分で正しいと思っている洗顔も実はちょっとしたことが間違いで、逆に肌荒れの原因を作ってしまっていることがあります。

正しい洗顔の知識を身につけましょう。

 

○洗顔方法

1、まずヘアーバンドなどで髪の毛をまとめて、手を洗って清潔な状態にします。

その後水かぬるま湯で優しく顔をすすぎます。

 

2、洗顔料をよく泡立てます。泡を肌の上で円を描くようにして滑らせて、顔の隅々を洗っていきます。ゴシゴシこすってしまうと逆効果なので優しく洗いましょう。

洗顔料は手で泡立てるよりも、泡立てネットやスポンジを使って泡立てた方がきめ細かいもっちりとした泡を作ることができます。

 

3、洗い終わったら洗顔料をすすいでいきます。洗い残しは肌荒れの原因になりますので、すすげたかな、と思ってから後10回はすすいでください。

また髪の毛の生え際やこめかみ付近は石洗顔料が残りやすいので、洗い残しに気を付けてしっかりすすいでください。

 

4、タオルで顔を拭いていきますが、ゴシゴシ強く拭くと肌が傷んでしまいくすみの原因になってしまいます。タオルで顔を包むように軽く押し付けて水分を拭き取りましょう。

 

5、仕上げに化粧水をたっぷり肌に付けて肌を整えます。

化粧水を付けずに肌をそのままにしておくと、乾燥して肌がつっぱってしまいます。

 

以上が正しい洗顔の仕方です。

しっかり洗い、よくすすぐことは大事なのですが、ニキビ肌やオイリー肌の人は洗顔を何度もしたり洗いすぎてしまうと、必要な皮脂まで落としてしまって肌のバリア機能を落とし逆に乾燥してしまいます。

この乾燥がかえって皮脂腺の活動を活発にしてオイリー肌になってしまいますし、皮膚の新陳代謝が遅くなり毛穴がつまりやすくなってしまいニキビの原因になってしまうのです。

肌トラブルに悩む人は刺激の少ない洗顔料で、必要最低限の洗顔とケアをすることが大事です。

 

自分の肌質をしっかり把握したうえで正しい洗顔をして、肌トラブルの原因をなくしていきましょう。