メイクをしたら必ずクレンジングをしておとすことが大事です。

メイクをしたまま寝たりすることはもちろんいけませんが、いい加減なクレンジングだと余計肌に悪影響です。

正しい方法でしっかりメイクをおとしましょう。

 

○クレンジングの仕方

1、洗顔同様髪の毛をヘアーバンドなどでまとめて、手を洗って清潔な状態にします。

クレンジング剤には水に塗れてしまうと効果が減ってしまうものもあるので、手はタオルで拭いておきます。

 

2、クレンジング剤を手に取り、ゴシゴシこすらず手全体を使って内側から外側に円を描くように優しくメイクをおとしていきます。

落ちにくいアイメイクはこすらず、クレンジング剤で溶かすようにしておとします。

また皮脂の出やすいTゾーンや、汚れが溜まりやすい小鼻は念入りにかつ優しく洗いましょう。

 

3、メイクがおちたら、ぬるま湯で顔をすすいでしっかりクレンジング剤をおとします。

塗れたコットンで拭きとる方法もありますが、直接すすいだ方が髪の毛の生え際やこめかみに残ったクレンジング剤をおとせますし、クレンジング剤の残りによる肌荒れを防げると思います。

 

4、仕上げは洗顔と同じようにタオルで優しく顔を軽く押さえつけるようにして水分を拭き取り、化粧水で肌を整えて終了です。

 

クレンジング剤にはオイルタイプクリームタイプ洗顔料タイプのものなど種類はたくさんあります。

オイルタイプはメイクをおとす力も強いですが、オイルのヌルヌル感が嫌でクレンジング後にもう一度洗顔をするダブル洗顔をしがちです。

ダブル洗顔をすると確かにさっぱりはしますが、メイクや汚れはクレンジングでしっかり落とせているので、ダブル洗顔をしてしまうと洗いすぎで、肌のバリア機能を失ってしまいます。

肌のバリア機能を失ってしまうとニキビやオイリー肌の原因になってしまうので、オイルのヌルヌル感が苦手な人は、洗顔料タイプやクリームタイプを使ってみましょう。

特にクリームタイプはオイルのようにヌルつかず、保湿力もあるのでお勧めです。

洗顔料とクレンジング剤をうまく使い分けることで、素肌美人を目指しましょう。