リワークプログラムを行う施設は数多くあり、探すときに困ってしまう方も多くいることでしょう。
しっかり自分に合ったリワークプログラムを行っている施設を探すことができれば、症状の再発はかなり減ります。
探すときの注意点を確認して、施設選びに失敗しないようにしましょう。

<注意点1>施設の種類を知る
リワークプログラムを行っている施設は多くありますが、大きく分けると3種類に分かれます。それぞれの違いを知り、自分に適した施設を選ぶとよいでしょう。

■行政系
独立行政法人・福祉保健局が行っていて、うつ病などで休職中で復職を希望している方が対象です。(失業中の方や、国・地方公共団体・特定独立行政法人に勤務している方は対象外です。)

■医療系
病院やクリニックが行っていて、うつ病で休職中で復職を希望している方が対象です。(失業中の方は対象外です。)
「デイケア」「ショートケア」「作業療法」などのリハビリプログラムで構成されています。

■民間系
企業やNPO法人が行っていて、うつ病で休職中でも失業中でも復職を希望していれば対象となります。
内容は各企業によって異なりますが、再発防止や職場復帰に向けた独自のプログラムを行っています。

<注意点2>申込み前に施設を見学しに行く
施設によっては説明会や見学会を行っているところもあるので、できればご家族と共に行ってみてください。
施設ごとに様々なプログラム内容となっていますので、復職したい職場に合った内容のプログラムになっているか確認しておきましょう。

<注意点3>休職中のうつ病患者を対象としているか
施設によっては、精神障害者と一緒にプログラムを行うようなところもあります。その場合、症状が悪化してしまうことも考えられるので、復職できるくらいまで回復しているうつ病患者を対象としている施設を探すようにしましょう。
自分と同じような症状の方が集まる施設であれば、安心して通うことができるはずです。

<注意点4>施設の場所を確認する
施設には2ヶ月~数ヶ月程度通う必要があります。復職したときの通勤を想定して定期的に通うことのできる施設を選ぶようにしましょう。

<注意点5>施設の条件を確認する
症状が再発しないように、リワークプログラムを実施してから5年以上たっていて、多くの実績がある施設のほうがよいでしょう。

以上の注意点を参考にしながら、自分に合ったリワークプログラムを行っている施設を見つけましょう。