私は、大のフィギュアスケート好きです。
好きになったのは、小学生のころです。
きっかけはオリンピックで見た、伊藤みどり選手からだったのを今でも思い出します。
毎年冬の時期になると、テレビにかじりつくようにしてみていた子供時代でした。

自分でも滑れてしまうのではと、
近くにあるスケートリンクでちょっとジャンプのまねごとをしてみたり、
すぐに挫折したのは言うまでもありません。

大人になってからは、もちろん浅田真央選手に心を奪われました。
彼女のスケートの対する姿勢、彼女のスマイル、彼女の性格、すべてが魅力的でした。
彼女の成長ぶりをテレビのスクリーンからみるだけで、
幸せな時間を過ごすことが出来ました。
彼女を産んだお母様を心から尊敬します。
どのように育てたら、あのような素敵な女の子から女性へと成長するのでしょうか?

あるテレビ番組で、彼女とお母様についてみたことがあります。
ときには厳しく、ときにはやさしく微笑んでいるお顔を忘れられません。
そして、夜間の練習にも一緒に付き合い・・・
彼女達姉妹を支えていたこともすごいことだと思います。

もともと持っている彼女の才能もあったかもしれませんが、
それを伸ばす親の力がない限り実現しなかった彼女の栄光かなと思います。

ついつい大好きな浅田真央選手について書いてしまいましたが、
フィギュアスケートについて何を言いたいかというと素敵なスポーツだということです。
数分の演技で、沢山の人に感動を与え、沢山の人を幸せな気分にさせてくれる素敵なスポーツです。
そんな時間を私に与えてくれる選手たちに心から感謝しながら、
世界選手権を今年も見たいと思います。