私の家は、というか私が転がり込んだ恋人の家は、賃貸のマンションなのですが、部屋に冷蔵庫が元からついている物件でした。

ドアはひとつで、電子レンジよりもひと回り大きいくらいのサイズのものです。ガスコンロの下の位置にすっぽりと収まっています。
ドアを開けると、一般家庭のものと同じように、ドアの裏側にポケットの収納スペースがあります。でも一本の細い棒で押さえているといった感じなので、ちゃんとした収納ができず、ドアを開けた勢いで、ほぼ毎回そこからチューブの何かだったり、すき焼きのたれの瓶だったり、何かしらが落っこちてきます。そのことに私はイライラして、元々恋人の家のものだというのに、「この冷蔵庫いらない。新しいの買おう」と偉そうに言ってしまったことがあります。もちろん新しい冷蔵庫は買っていません。

仕切りが一つついていて、二段に分かれています。その仕切りが隙間の広い格子状なので、小さいものだと下に落ちてしまうと思い気を使ってくれているのか、上の段には深さのない入れ物が置いてあります。本当はもう少し容量の大きな最新のアイスボックスが欲しいと思っているのですが、貰い物の冷蔵庫の為、このまま使っていたいという気持ちもあり、使い続けています。

そして右上に、氷で固めたような収納スペースがあり、そこが一応冷凍庫のようなのですが、狭すぎてアイスノンひとつ押し込んだらおしまいといった形なので、いまいち活用できていません。そのため、我が家には冷凍庫がないに等しいので、冷凍食品を買ったら、その日のうちに食べ切らなければなりません。そのことを考えると、「冷凍食品を買うことは賢い選択ではないよね」という結論に至って、その冷蔵庫を使う生活を始めてからは、冷凍食品を食べたことは一度くらいしかありません。

大きな冷蔵庫を使っていたときは、中がいっぱいで食べ物が入らないということはなかったのでやらなかったのですが、今使っている冷蔵庫は、小さくて中が狭いから、すぐに食べ物が入らなくなってしまうので、マメに中の整理をするようになりました。そのときに、ひとつひとつのものの消費期限をチェックしてみると、意外と、「まだまだ大丈夫」と思っていた調味料が来月までだったりすることに気づけるのです。そのチェックを活かして、無駄にしないところまでできればいいのですが・・・。