ファンデーションは、指やスポンジで塗る方法以外に、毛先の揃いが丸く、平べったいファンデーションブラシで塗る方法があります。

あまり主流ではありませんが、プロのメイクさんが使っていることが多く、ファンデーションをムラなく均一にのばすことができます。

また肌の細かいところまでフィットするので、カバー力があり、ニキビ跡や毛穴が気になる時に使うといいかもしれません。

ですが、肌が荒れた状態の時に使うとブラシの毛先でもっと肌を痛めてしまうこともあるので気をつけましょう。

 

ファンデーションブラシは、パウダーファンデーションにももちろん使用できますが、リキッドファンデーションやクリームファンデーションに使用することの方が多いです。

ブラシはファンデーションを吸収しやすいので、少し多めにファンデーションを手の甲などに出し、ブラシの両面に含ませます。

何度も付け足し塗りをしてしまうと、厚ぼったくなってしまうので一度取ったファンデーションで全体を塗るようにしましょう。

塗っていく順番はリキッドファンデーションと基本は一緒ですが、ブラシの両面を使って肌を撫でるようにして塗っていきます。

細かいところはブラシの先を軽く滑らせるようにして塗っていきます。

最後はどうしてもブラシの塗った跡が残ってしまうので、仕上げは指やメイクスポンジでブラシの跡を軽く叩くようにして馴染ませます。

メイクスポンジを使う方が、余分なファンデーションも取り除いてくれるので、化粧崩れしにくくなりますよ。

 

ファンデーションブラシもメイクスポンジ同様その都度洗うことをお勧めします。

メイクスポンジと違って次の日には乾いているのですぐ使えます。

洗い方は、「メイクブラシの手入れ・洗い方」でご紹介します。

また、大事に使っていても毛がだんだん傷んできて肌あたりが悪くなってきます。

その時は新しいものに取り換えましょう。

スポンジ同様ブラシの手入れを欠かさないことは、綺麗な肌を作ることに繋がります。

常に綺麗なブラシを大事に使いましょう。