ワインやブランデー等の買取を希望した場合、せっかくならできるだけ高く買ってもらいたいですよね。お酒も買取をしてくれるお店は多数あります。たとえばリサイクルショップ、ブランドショップ、質屋・・・ですが、お酒の買取専門店は日常的にお酒を提供している飲食店とのルートがあるので、高価に買取してくれることが多いようです。小売りやネット販売等の仲介ではなく、飲食店とのネットワークがあることや、お酒に特化することで専門のスタッフがいること、ネットを利用して買取をすることで大型店舗が不要であること、などの理由から買取・販売にかかるコストが低く済み、高額買取してくれることが多いようです。

では、実際に高額買取してもらうためにできることは何でしょう。それは、できるだけ購入時に近い状態にあることです。

汚れを取り、ラベル等を良い状態に保つ、またコルクの状態もできるだけ良い状態に保つ。ということは、お酒を買取してもらおうと思ったら、できるだけ早く査定してもらった方が良いのではないでしょうか。買取をしてもらおうと考えたのであれば、いずれ飲むために自分で保管するわけではありませんよね。それならばお酒やボトルを良い状態に保つ知識や経験、スペースなども多くはないのではないでしょうか。実際筆者がかなり以前に頂いたブランデーを開けたときは保管方法が悪かったようで、コルクが劣化し破損してお酒の中にコルクのカスが入ってしまい、結局茶こしでこしながら飲むことになりました。どうすればよい状態に保つことができるのか、調べれば良いのかもしれませんが、飲む予定の無いお酒についてわざわざ調べて保管する方も少ないと思います。

それならば今あるお酒のうち、飲む予定等の無いものは、まずラベル等を傷つけないようにボトルを掃除し、すぐに無料の査定を受けてみてはいかがでしょうか。そのうちに・・・と思っていると、そのまま劣化してしまうと思われます。査定は無料であることも多いですし、金額に納得できなければ、キャンセルができる買取店を選んで行動に移す、これが高額買取のポイントではないかと思います。